2008年06月12日

はてなダイアリーへ仮移行

こんばんは。いつもノン電のご愛読をどうもありがとうございます。

今回、リスナーがseesaaブログに比較して得られやすいという理由から、いったん、ブログをはてなダイアリーに移って書いてみる事にしました。

まだ今後の事は決定ではないのでどう転ぶかわかりませんが、ひとまず、拙い文章ではありますが、はてなダイアリーの側でも、どうぞ宜しくお願いします。

また、こちら(Seesaaブログ)のノン電は残していますので、過去のエントリの中から、皆様のお役に立てるものがありましたらば幸いです。

はてなダイアリーのURL
http://d.hatena.ne.jp/kathew/
posted by カシューカ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

インターネット入門のイロハ本



私の身近には、パソコンを持ってもう5年近くにもなるのに、あまりパソコンに明るくない友人がいる。

その友人からはよく、あれこれわからないと質問攻めに遭うのだが、近頃は専ら
「自分で調べろ」
と突き放して言っている。その為のWWW。

とはいえ、パソコンに明るくないと、パソコンで一体何をどうすれば良いのかわからないというのは、よくわかる話。そこで下の本。

『12歳からのインターネット』が発売されます - 荻上式BLOG

インターネットと言う名の暗い洞窟を初心者が彷徨う際の、明るいたいまつになりそうです。このたいまつを手に洞窟を抜けた頃には、初心者も立派な冒険者になれているのでしょうか‥‥。

友人に読ませてやりたい一冊です。

posted by カシューカ at 08:01| Comment(1) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

少年犯罪の実名報道(太田総理)

太田総理のTV番組を見てる。今回のマニフェストは「少年犯罪の実名報道」。私は賛成したい。

未成年であろうとなかろうと、犯した罪の責任はそっくりそのまま背負っていくべきだろう。番組では「子供にそれは重過ぎる」という意見もあったが、むしろ逆。犯した罪は軽くならないし、多感期であればこそ乗り越えていかねば更正など期待できたものではない。
posted by カシューカ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

裁判員制度の実施後は死刑判決のバーゲンセールになりますね



痛いニュース(ノ∀`):裁判員に選ばれたら、あなたは「死刑判決」を下せるか?


ここに上がっている死刑判決を下せる派の意見が酷い。この調子だといつか自転車事故でも死刑判決が出されるようになるかもしれない。ともなれば将来的には他人事でもない上に命に関わる問題なので、とりあえずここに出ている意見にツッコんでいくよ!

「死刑に相当する罪を犯した人はその命をもって罪を償うべきです。」
「死刑に相当する罪」を(討議を待たず)自身の頭の中でだけで計っている感が拭えない。でなければまっとうな意見だが‥
「被害者の遺族の気持ちを考えたい。」
危険な意見。死刑判決を下す責任を遺族に転嫁している。裁判員が下すべきは「遺族の代弁」としての判決ではなく「自身の判断」による判決。人の命を奪う時に他人を理由にするのは卑怯だ
「今の節操がない日本には絶対必要!」
「節操のない日本のために犠牲になれ」あっぱれ。必要のために殺される被告人に憐憫さえ覚えます
「下すことが社会正義だと思う。」
正義のために人を殺すのはテロリズムだよね
ほか、該当スレにもツッコみたい意見は山ほどあるのだけど、殆どはまだ子供の意見だと思うので割愛。

色々思う事はありますが、うまくまとめられないので以下の例え話だけ書いて終えます。

(たとえ話なのでここにあるのはただのイメージです)

あなたの家族が車を運転中、誤ってサッカー選手に車をぶつけてしまいました。サッカー選手は命に別状はなかったものの、足にけがをし、一生サッカーの出来ない体になってしまいます。

車を運転していた家族は訴えられ、裁判では「他人の人生を奪ったから」と、裁判員の量刑により死刑判決。

あなたは、この判決に納得できますか
タグ:裁判員制度
posted by カシューカ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

教育、高校、親




入学金未納の生徒を入学式に出席させず 「学校は生徒と保護者に謝罪すべき」と教育評論家…八千代西高


2chでこういうニュースを見ると、大抵いつも親も子も両方一緒ごたに叩かれているのを見るのですが、こういう話、子に責任はないと思うのです。

こういうまとめブログに転載されている、該当の叩かれているスレの転載元と言えば概ねはVIPなのですが、VIPの住人と言えば多くを占めているのは自宅警備員か学生。親のすねをかじっている人にはこれを叩く資格はないでしょうし、できた大人なら、そもそもこれで子までは叩かないでしょう。子に親は選べず、また子に金銭の責任はなく、そして子の「学習の権利」それ自体は、万人に平等なはずです。(お金を払わずに教育を受けて良い、という意味ではない)

筆者としてはこのニュースは気の毒であって、しかし子供さんも享受せねばならないであろう話だと思っているのですが、しかしそれで子供さんを生意気だとか馬鹿だとか罵ろうとは一切思えません。もしこの件で子供さんに負の感情を抱いている人がいるならば、それは他人想いの心を撤廃したジャイアニズムみたいなものではないのでしょうか
タグ:2ch 教育
posted by カシューカ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

ネチケットと子供

私はこと、インターネットにおいては「子供らしい子供」はあまり好きになれない。
「社会性」を学ばずに大人と同じ舞台で会話をしているために、色々と鼻に付く事はおおいのだ。

今日は似たようなフィーリングを持つエントリが、はてなブックマーク・最近の人気エントリーに上がっていた。

頼むから小中学生はネットをやらないでくれ

いや、百歩譲ってネットはやってもいいが自己顕示欲を発散しないでくれ。どうせ小中学生は有益な情報なんて持っていないし空気も読めない。そのくせ目立とうとするからコミュニティが壊されていく。どうすればいいんだ。

続きを読む
posted by カシューカ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

シンプルが心地良い

2008_02_21_02

筆者が遊んでいるオンラインゲームの、公式ページのメンテナンス告知なのですが‥

シンプルですが見栄えが良くて、見ていて心地良い。デザインをする際は、こういう印象を受けるものを作りたいものです

タグ:デザイン
posted by カシューカ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ダウンロード違法化はニコニコ動画に表面上、大きな影響は与えない

今しがた、ニコニコ動画ランキングでこのような動画を見かけてきました。

(URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm2312113

筆者は問題の中身については把握しているつもりなので、動画自体は見ていません。あしからず。

続きを読む
posted by カシューカ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。