2008年02月09日

古き良き伝統は継承しながら、新しい物を作ってほしい‥‥風来のシレン3

はてブのコメント欄に書ききれなかったので補完。

【2ch】日刊スレッドガイド : シレン3、倒れても最後にセーブした所から再開可能なAタイプ、ダンジョン突入前にセーブを行い倒れると所持品が失われるBタイプの2つのセーブモードを用意

今作には二つのセーブモードが用意される。

  • 倒れても持ち物を維持する事のできるAタイプ
  • 倒れたら持ち物を失う、従来通りのBタイプ

の二種類だ。なお共通項として、倒れた場合にもレベル(経験値)はキープされる。


筆者自身としては、Aタイプはあまり好まれない。個人が遊ぶ上で選びたくないなどというのではない。シリーズ未経験者がこの3で初めてシレンに触れた時、スリルを失ったそれでは、十分にその魅力を感じ取れないのではないかという事に危惧している。

筆者は幼少時に、初めてSFC版の初代トルネコを遊んだ。それは現在で知る所、非常に忠実なローグライクのゲームだったのだが、それでも幼い時分に十分に楽しめ、初心者お断りな感というのは全くと言っていいほど無かった。

スリルには面白さが付き物だ。そして「倒れる度に何もかもを失う」従来の不思議のダンジョンには、毎回ダンジョンに赴くたびに競技性とも言うべきゲーム性があった。

だが、今回用意されているセーブモード・Aタイプには、それが無いのだ。親切な設計であるがばかりに、古き良き魅力は半減してしまったかのように思う。

シレンシリーズは決して敷居の高いゲームではない。幼少の子供にとってさえ面白かったのである。初めて同シリーズを遊ぶ人にも、是非Bタイプのセーブモードで遊んでみてほしい−−−きっと、ずっとシレンが好きになるはずだ。

posted by カシューカ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83152035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今度のシレンは2タイプ・・・!?
Excerpt: 古き良き伝統は継承しながら、新しい物を作ってほしい‥‥風来のシレン3 - ノンジャンルの電網旅行記 【2ch】日刊スレッドガイド : シレン3、倒れても最後にセーブした所から再開可能なAタイプ、ダン..
Weblog: 誰が為の警鐘【Blog】
Tracked: 2008-02-10 16:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。